定年後の老人のダイエットについて

定年後数年そのまま継続して元の会社でパートとして働いていました。

その時はある程度は規則正しい生活リズムだったと思います。

しかしその後パートをやめて家でプラプラしていたら、だんだんとお腹が出てきたのです。

もうその頃はゴルフの回数も大分落ちていました。

また出歩くことも少なくなりましたね。

勤めていたころは駅まで往復歩いていました。

しかし勤めもやめて敬老パスがもらえるようになったのです。

もうこうなるとなかなか歩かないですね。

ゼロキャロの効果と口コミを暴露!飲み方や飲むタイミングもご紹介!

近くの内科のクリニックには胃腸の加減で通っていました。

その時に血液検査で総合コレステロールも中性脂肪も高いと。

数値はそれほどはかけ離れて高いものではなかったです。

それでも薬を出してくれました。

お医者さんはすぐに薬を出すのですね。

それであぶっらこい物は少なくして歩けと。

そう言われてもなかなか決まって歩けはしませんね。

まあ気分がいい時とか暇なときとか陽気のいいときに、たまに歩いていました。

その後登録していたシルバー人材センターから、今度大きなショッピングモールが進出してくるのだと。

そこでカート回収業務を募集していると。動ければ年齢は問わないと。

そこで50人の募集だと。それで登録している人全部に連絡をしているのだと。

そのため私もどうせ暇なので、行くだけ行ってみるかと、募集に応募しました。

すると全員採用で、総勢24人でした。

仕事は駐車場に散らばっているカートを集めて、所定の個所に運ぶ業務です。

ここのショッピングモ-ルの駐車場は大きくて、西と北と南に別れていました。

そこを1組5人の人数で仕事をするのです。

まあ1回に10台くらいのカートを運ぶのです。

最初に力をいれて動き出せば、後はスムーズに動きます。

それよりも各階、各階の点検で駐車場を歩くのがつらかったですね。

最初は足や腰が痛くなりました。

まだ段取りが悪く、よく歩きました。

1万歩はざらでした。

その後数か月でお腹がへこんできました。

仕事についた時はウエストは85cmで体重は60kgを超えていました。

それがウエストは80cm」、体重は55kgになりました。

知らず知らずに歩いていたのです。

これはお給料にはかえられません。いいダイエットの仕事です。

最年長の人は80歳を超えた人もいます。

わたしもその人を目指して、体が続く限り、続けようと思っています。