パサパサ髪にサヨウナラ! ドライヤーで乾かす時のプチテク!

お風呂上がりに髪を乾かす時、当然皆さんはドライヤーを使いますよね?
ただ、何も考えずに無心でひたすら乾かしてたら、パサパサのボサボサ髪に!…なんて経験をした人も多いんじゃないでしょうか。
実はドライヤーでの乾かし方にちょっとしたテクニックがあるんです!
テクニックといっても、そんなに難しい事ではありません。ちょっとしたコツで仕上がりがとても綺麗になるんです!
順を追って説明します。

シロジャム

[1]ドライヤーを使う前にヘアオイル!
市販されているヘアオイルには濡れた髪にも使用できるものがありますので、それを使いましょう。
少量を手のひらに取り、毛先に揉み込んでいきます。間違っても頭皮に塗ったらダメですよ。

[2]最初は熱風で
オイルを揉み込んだら、ドライヤーを熱風にしてサイドの髪から乾かしていきます。
この時、手でゴシゴシするのではなく、優しく梳くようにしてください。(毛量が多い人は手櫛ではなくブラシを使った方が良いです)
この時気をつけなければならないのは、あまり同じ場所に熱風が当たらないようにするのと、近距離で風を当てない事!

[3]ある程度乾いてきたら、冷風設定に!
冷風に設定して、[2]と同じようにしましよう。
暫くすると、スルッとまとまってきます。ここで櫛を使って丁寧に梳かしていきましょう。

[4]乾いたら完了!
あとはお好みでヘアミルクなどの洗い流さないタイプのトリートメントを使用してください。

そう、ドライヤーって熱風だけで乾かすのではなく、冷風も当てて乾かしていくのが大切なんです。
これ、意外と知らない人多いんですよね。(実は私も知らずに熱風だけで乾かしてました)
ちなみに、ヘアオイルを毛先に揉みこむのは勿論ドライヤーの風で髪が痛まないようにするためです。
髪だって優しくされたら嬉しいんです。
お風呂上がりのパサパサ髪でお悩みの方、ぜひ試してくださいね!