白髪の抜け毛と床の関係

「あ、これママの髪の毛だ。」ある日、リビングに落ちている抜け毛を見つけた息子が言いました。「ママのとは限らないよ。パパかもしれないし、ママ以外の誰かの髪かもよ。」と私は返したのですが、息子のさらなる返答にショックを受けました。「だって、白髪だもん。」

http://www.lancashirebusinessexpo.com/

見ると、根元から毛先まで真っ白な白髪。家族には、私以外白髪の者はいません。たしかに、これは私の抜け毛でしょう。自分の頭に、多少の白髪があるのは知っていましたが、一本だけまじまじと見ると、それは立派な白髪。年齢を感じずにはいられませんでした。

白髪も黒髪も抜け落ちますが、我が家では白髪の落ちているのが目立つことに気づきました。それは、フローリングが濃い茶色だからです。掃除をしてみると、黒髪の方が多いのですが、目立つのは白髪です。

これに気づいてからは、床の色を濃い茶色にしたことを大変後悔しました。

そして、親戚の家、友人の家に行くたびに、床の色をチェックするようになりました。もし白髪が落ちていたら、その家に白髪の人がいなかったら、白髪の抜け毛は確実に私のものです。とても恥ずかしいと思います。

なので、最近は、よそにお邪魔するときは、髪を結んでなるべく白髪が抜け落ちないようにしています。