ありのままですか?それもなんだかいいですよ。

 10代の頃髪の毛が多すぎて、好きな漫画の主人公の様な髪型にできず好きになれなかった。必死ですきばさみすいたり、美容師さんには「すき過ぎるとはねるよ」といわれても、多くてぱさぱさした髪がイヤでしょうがなかった。

ニューモ育毛剤

それでも諦めきれずストレートパーマをかけてみたりした。(笑)時代とともにソバージュが流行ったりカラーが流行ったりすると、それなりに美容院で流行りの髪形にしてみたりもした。角刈りにしてみたのもこの年頃だった。

 20代の頃髪の毛が痛んだり枝毛があったりもまだあまり気にしなかった。10代の頃よりはあまり気にならなくなった髪質だったけれど、いう事をきかない髪の毛を束ねてばかりだった。
 30代の頃束ねるのも面倒くさくなり、ショートカットにして気になると自分でカットしていた。見てみると昔したかった髪型に近づいてきていた。なぜだかわからなかったが、30代後半に気付く…。毛量が減っている?美容院で聞くと「細くなってるんよ。」マジ?と…。

 40代髪にボリュームが、コシが、白髪が、とにかく年齢とともに全てが10代の悩みとは逆になっている事に気付く…。まだまだ間に合う!!はずと思いながら美容院に行き、カラー・マッサージやトリートメントをして行くうちに悟りを開き、自然のままに白髪で薄くてもお手入れができていたら、いいじゃん!!と最近思い、ありのままで過ごしている。
 そうしたら、なんだか楽に楽しく白髪も見る事ができている自分がいる。