おまとめローンは毎月の返済額が減るだけのものには要注意

おまとめローンの商品説明には、『総返済額が減る』と表現するものと、『毎月の返済額が減る』と表現するもの、そしてその双方があります。一見すると毎月の返済額が減るということにメリットを感じてしまうものの、これは大きな落とし穴と言えます。

プロミス少額融資で借りちゃいました!申し込み方法のオススメはある?

そもそも、この場合には総返済額が減るどころか増える可能性もあります。おまとめローンにより返済先の一本化、貸付金利の低下による利息の減少があっても毎月の返済額が減れば、返済期間も長期化します。むしろ、返済金額の元本充当率も低くなり、むしろ返済期間の長期化と利息の発生によりおまとめローンを契約する以前よりも悪化するケースもあります。

そのため、毎月の返済額が減るだけのおまとめローンにはより注意が必要です。さらに契約の際には毎月の返済額は現状のままを維持し、返済期間も同じになるのかむしろ短くなるのかを見極めるのがベストです。おまとめローンは返済負担を減らせるように見えるものの、その効果が短期的なものかのか中長期的に判断できるものなのかがポイントになります。