白髪の抜け毛と床の関係

「あ、これママの髪の毛だ。」ある日、リビングに落ちている抜け毛を見つけた息子が言いました。「ママのとは限らないよ。パパかもしれないし、ママ以外の誰かの髪かもよ。」と私は返したのですが、息子のさらなる返答にショックを受けました。「だって、白髪だもん。」

http://www.lancashirebusinessexpo.com/

見ると、根元から毛先まで真っ白な白髪。家族には、私以外白髪の者はいません。たしかに、これは私の抜け毛でしょう。自分の頭に、多少の白髪があるのは知っていましたが、一本だけまじまじと見ると、それは立派な白髪。年齢を感じずにはいられませんでした。

白髪も黒髪も抜け落ちますが、我が家では白髪の落ちているのが目立つことに気づきました。それは、フローリングが濃い茶色だからです。掃除をしてみると、黒髪の方が多いのですが、目立つのは白髪です。

これに気づいてからは、床の色を濃い茶色にしたことを大変後悔しました。

そして、親戚の家、友人の家に行くたびに、床の色をチェックするようになりました。もし白髪が落ちていたら、その家に白髪の人がいなかったら、白髪の抜け毛は確実に私のものです。とても恥ずかしいと思います。

なので、最近は、よそにお邪魔するときは、髪を結んでなるべく白髪が抜け落ちないようにしています。

髪タトゥー(ヘアータトゥー)を試す勇気が出ない‥。

40代男性です、私は現在白髪に悩まされているのですが40代にもなれば白髪くらい出てくるものだと思う方は多くおられると思います、しかし私の白髪の程度は部分的なモノでは無く髪の毛全体が本当に真っ白な程の白髪なのです‥、このような状態になったのは決して1日2日でなった訳ではないのですが、約半年程度でなってしまいました、

ボタニカルエアカラーフォーム

全体的に白髪になってしまった時には私は何かしらの病気では?と思い医者に診てももらいましたが、身体には何も異常は無く健康体ですとあっさり言われました‥しかし医者によるとストレスが原因では?と言ってきたので私は仕事の忙しさでたまにはストレスを感じる時はあるけど悩む程のストレスは本当に抱えていませんでしたので、う~ん‥と逆に何でだろう?と医者に行った事で悩んでしまいました、そんなこんなで考えていても仕方ないと思い市販の白髪染めで髪の毛を染める事にしたのですが、いざ白髪染めをすると最初の1週間程度はキレイに真っ黒な状態をキープしているのですが、その後はやはり白髪が目立ち始めて元の髪の毛に戻ってしまいました、

その度にまた白髪染めをして生活をしていましたが、ある日私は億劫になってきて白髪染めをしなくなってしまいました、そして他に何かもっと楽な方法は無いのか?とネットで調べてみました、すると!ありました!ナンと!髪タトゥー(ヘアータトゥー)という手法の白髪染めがあったのです!、私は興味深深に見てみると髪タトゥーというのは毛根にタトゥー(墨)を入れて髪の毛1本1本にもタトゥー(墨)を入れて白髪を無くすというふうに説明書きされていました、

タトゥーを入れると1年間は白髪が発生しないという事でしたが、本当に?という疑問があり‥未だに試していないのですが、もしも本当ならば価格も年間の白髪染め代よりも安く済む料金でしたので試してみたいのですが、タトゥー(墨)という響きが個人的には嫌で勇気がどうしても出ません、メディア等でも髪タトゥー(ヘアータトゥー)というモノを見聞きした事が無いので非常にモヤモヤしながら現在も生活しています、以上で私の髪の毛に関する悩みの話でした、失礼致します。

それでも私は、闘い続ける!

お風呂上りに髪を乾かしていたある日、「あれっ?」と鏡に映る自分の髪の1本が気になった。そう、それが私の白髪デビューだった。もともと両親がロマンスグレーと言われる「きれいな白髪」だったので私もおのずと遺伝子的には、そうなる日も近いと思っていた。

艶黒美人の通販最安値はどこ?購入して飲んだ口コミ&効果をご紹介!

「白髪は、抜いたら増える」と都市伝説?のような根拠のないうわさをなんとなく信じていたので、根本からハサミでカットすることにした。その場を取り繕う作業をした数週間後、柔らかな髪の流れの中から「ぴょん」と異質なその「白髪」は、ものすごい主張をしてくる。まるで「私は、ここよ!」と言わんばかりに、周りの流れを気にせず、少し太くそしてまるで春雨のようなそんなイメージさへしてしまうほど、固く透明のような色をした「それ」は、生えてくるのだ。

周りの毛を同時にカットしないように、そっと慎重にハサミでカットする。「ぴょん」そして「カット」そんな、イタチごっこのような日が続いた。すると、だんだん白髪がぽつん、ぽつんと勢力を増し、もうハサミではカットできない状況までになっていた。それからは、「プロ」に任せて今では、90日に一度、美容室にカラーリングとトリートメントをしにいくようになった。

しかし、2週間ほどたつと、こめかみと耳の前の生え際に「私は、ここよ」というあの「白い主張」がやってくる。女性の美しさは、肌と髪で決まるのだ。だから私は、これからも戦い続ける。まだまだ、あの主張を阻止しなければならないのだ。でも、いつか、もっともっと年齢を重ねたとき、「白い主張」を前面的に開花させて父や母のように素敵なロマンスグレーになれたらいいなと」思っているのだ。

キラキラとしたシルバーがかったあの素敵な髪でいられる年齢は、まだちょっと先になると思っているけれど、そう遠くもない現実かもしれない。