クールダウンのやり方と効果について

クールダウンは、筋トレ前のウォームアップと反対の目的で行う運動です。メイプアップの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月飲んでみた体験談を暴露!

クールダウンを簡潔に説明するなら、「激しい運動で戦闘モードに入っている体を、通常モードに戻すための作業」といえます。

ウォームアップは、体を徐々に温めて動きを増やしていきますが、クールダウンは逆に体を徐々に冷やし、動きを減らしていきます。

クールダウンに適した運動は「軽いランニング」「ウォーキング」「ストレッチ」などが挙げられます。

ただし、あまり長い時間行うと却って疲れることになるので、10~15分くらいにとどめておくべきです。

では、クールダウンの効果について見ていきましょう。

一つ目は、「疲労物質を除去する」。

激しい運動をすると、人間の体には乳酸という疲労物質が蓄積されます。

運動を急にやめると、この乳酸が処理されないままになってしまいますが、クールダウンの運動を行うことにより、適度に血液の循環がなされ、乳酸が代謝され疲労の回復が早まります。

二つ目は、「体の組織を同調させつつスローダウンさせる」。

人間の筋肉や内臓などの組織は、全体を急停止させると負担がかかってしまいます。

例えば、心臓が高速で血液を送り出している時に筋肉だけを急停止させると、血液循環のバランスが崩れるおそれがあります。

ウォームアップのときと同じく、ゆっくりと運動の強度を下げていくのがベストだということです。

筋トレの際に注意したいこととは?

筋トレを行おうと考えている際に当たり前と言えることではありますが、皆さんが意識して行動に起こせていないことがあります。しっかりと気を付けていないとせっかく筋トレを行っていてもなかなか筋肉をつけることができなかったり、筋トレの効果を無駄にしてしまうことがありますので十分注意をしていただきたいです。

メイプアップの悪い評価の口コミや悪評を徹底検証!

筋トレを行う際には筋肉の繊維の損傷が起こります。その筋肉の損傷を修復することによって筋肉が回復し、新たな筋肉をつけることができます。しかしながらこの筋肉の修復をうまく行うことができなければなかなか筋肉をつけることができないのです。

この筋肉の修復を行うためにはタンパク質のいつもより多く摂取したり、しっかりと睡眠や休息をとって筋肉を休めてあげることが大事であると言えるでしょう。むやみやたらに筋トレを行って筋肉を増やしたいと考えている方もいると思いますがそれは間違いであり、しっかりと筋肉に向き合わなければいけないのです。

ですから筋トレを行う際はそのように多くの良質なタンパク質を摂取すると言うこと、またしっかりと筋肉を休めると言うことが大事ですので皆さんも注意してみてください。そうすることで筋トレの効果が上がります。

90キロオーバーの私がダイエットした話

タイトル通り、私は去年の4月頃まで人生MAX体重の90キロオーバーでした。メイウェザー愛用筋トレサプリ!メイプアップの効果と私の口コミ!

仕事や私生活でのストレスを食べることで発散していたので、元々太めだった体は急成長。結婚してからあっという間にそんな体重になっていました。

心のどこかでこのままではまずいなぁと思いながらも、「太っていても魅力的な人はたくさんいるし!」と言い訳していました。

しかし、友人から結婚式の招待を受けた際、数年前にはピッタリだったパーティドレスに袖を通したら見るに堪えないパツンパツンだったんです。

肩紐はくい込み、背中のチャックが中途半端に止まり手を離すと勝手に降りていく始末。

これはやばい!!!と本格的にダイエットを開始しました。

これまでも何度かダイエットを試みたことはありますが、停滞期や無理な食事制限で全く続かず、何度も挫折。

そういった経験から、カロリーをただ控えるのではなく、血糖値の急上昇を抑える低糖質ダイエットをやりはじめました。

お肉もチーズも大好きな私にはこの方法が向いていたようで、糖質を抑えた食事と運動で少しずつ体がスッキリとしてきました。

筋力が落ちたままではリバウンドしやすい事も知り、押し入れにしまってあったフィットネスゲームをひっぱりだし、毎日リモコン片手に筋トレしました。

画面内のトレーナーが私をしきりに褒める中、必死で筋トレして、点数が高得点になる頃には着られなかったドレスがスッと入るようになりました。

ストレッチは筋肉の衰えにも有効

ストレッチは、体の動きをよくするなど、筋トレには欠かせない物です。http://www.s-nishiki.jp/

しかし、体の動きをよくする以外にも、「筋肉を活性化させる」「筋肉を落ちにくくする」といった効果もあります。

そもそも、ストレッチというのは、「体の姿勢を変えて筋肉を伸ばす」という物です。

伸ばされた筋肉は、可能な限りその形状を保持しようとするので、若干硬くなります。

つまり、筋トレほどではないにせよ、ストレッチは筋肉にある程度の負荷をかける効果があるのです。

ですから、旅行先など筋トレができそうにない状況であれば、ストレッチだけでもしっかりやっておいたほうがよいでしょう。

筋トレと比べると負荷は小さいですが、やらないよりは遥かにましです。

しっかりストレッチをすることで、「体が鈍る」という感覚も減らすことができます。

一方、体力に自信がない人の場合は、本格的な筋トレを始める前に、ストレッチだけ行う期間を設けてもよいでしょう。

ただし、いくらストレッチでも負荷がかかるとはいえ、完全な筋トレの代替とはなりません。

筋肉を成長させるには、脳から神経を通じて、筋肉に積極的な運動をさせなくてはなりません。

ですから、必要以上にストレッチの量を増やしたり、必要以上に力を入れて筋肉を伸ばしたりといったことはしないでください。